潟Rンテク

環境への取り組み

当社の環境問題への取組み

Home > 環境への取り組み

環境理念

株式会社コンテクは地球環境の保全が企業活動においても重要な課題であることを認識し、当社の各事業分野の活動において環境負荷の継続的低減に努め、 地域社会と地球環境にやさしい循環型社会の形成と環境保全に貢献します。

環境基本方針

株式会社コンテクは環境衛生処理施設・産業用発電設備の試運転・維持管理事業を通じ環境改善に貢献しているが、一方では企業活動に伴うエネルギーの 消費、廃棄物の排出によって環境負荷を与えている。よって企業活動を継続するにあたり次の活動を推進する。


1.毎年環境計画を立案、実行しその内容を定期的に見直します。

2.各事業分野に係るすべての環境関連法を遵守します。

3.エネルギー(購入電力・化石燃料・水)消費量の削減に取り組みます。

4.ごみの削減と資源の有効利用、再資源化に取り組みます。

5.化学物質使用量の管理、削減に取り組みます。

6.積極的にグリーン調達を行います。

7.環境関連活動の内容公開と対外アピールに取り組みます。

8.業務の標準化及び社員の習熟度の向上に取組む事により環境負荷の低減に努めます。

取組項目
  • Photo

    1.エコアクション21認証・登録

    持続可能な社会を構築するためには、あらゆる主体が積極的に環境への取り組みを行うことが必要です。事業者は製品・サービスを含む全ての事業活動の中に、省エネルギー、省資源、廃棄物削減等の取り組みを行うことが求められています。 エコアクション21は、全ての事業者が、環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境に取り組む仕組みを作り、取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインです。 エコアクション21ガイドラインに基づき、取り組みを行う事業者を、審査し、認証・登録する制度が、エコアクション21認証・登録制度です。
  • Photo

    2.関西エコオフィスに参加しています。

    人類の持続的発展のために地球温暖化対策は、最も重要かつ喫緊の課題です。このため、「気候変動に関する枠組条約」に基づく国際的取り組みが進められおり、平成9年に京都市で開催された気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)において、具体策として温室効果ガス削減目標を定めた議定書が採択されました。 この議定書では、日本は2008年から2012年の目標期間において、基準年(1990年)から6%の温室効果ガスの削減を約束しており、この約束の達成に向けた取り組みが着実に進められているところです。 この21世紀に向けての記念すべき第一歩が刻まれた京都を有する関西においては、全国に先駆け、地域全体が一致協力して、地球温暖化対策に取り組むことが関西の責務であるとの認識のもと、身近なところからの省エネルギー等の取り組みを実施する事業所(オフィス)を募集し、地球温暖化防止活動の裾野を広げていくという「関西エコオフィス運動」を、関西広域機構が2003年度から取り組んできたところです。 関西広域連合においても、この運動の精神を継承し、関西全体が一致協力して温室効果ガス削減に取り組んでいます。

Page top